ハウスクリーニングも承っております。

ダミー画像

いつも弊社のホームページをご覧下さりありがとうございます。

不用品回収セブン新潟です。

高温・多湿で食中毒注意報が発令されている区域もあるほど蒸し暑いですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
普段から換気を心がけ、清潔にして食中毒やカビ対策に注意しましょう。

先日、家財道具の回収とハウスクリーニングのご依頼があり行ってまいりました。
そこで今回はハウスクリーニングの様子をご紹介させていただきたいと思います。


汚れで一番懸念される個所といえば水回りではないでしょうか?


水回りの汚れで思い浮かぶ菌といえば、
・黒ズミ
・赤シミ
・金属石鹸
・水垢
・もらいさび
ですね。
大きくわけると“カビや雑菌による汚れ”と“水垢”ではないでしょうか。

水がある場所では、どうしてもカビや雑菌が繁殖します。
湿りを放置していると雑菌やカビが活発に繁殖し、ヌメリや黒ズミ、酷くなると臭いが出てくることもあります。

そこで、水回りを掃除する際のポイントを上げていきたいと思います。

1. 目に見える汚れから取り除いていきましょう
髪の毛や食材の切れ端やホコリのかたまりなど目に見えるものは取り除いた後、洗剤を使い残りの汚れを掃除すると隅々まで綺麗になります。

2. 頑固な汚れはパックして落とす
水垢やカビによる黒ズミなど、頑固な汚れがある箇所に洗剤をつけ、その上から布巾やキッチンペーパーやラップをかぶせてパックしましょう。
こうすることにより、洗剤が汚れにアプローチをかけ頑固な汚れに効いてくれます。

3. キッチンのシンクは使用後に少しの掃除をしましょう
シンクには、生ごみなどの様々な汚れが集まり、それをエサに雑菌が繁殖してしまします。キッチンを使用した最後にこの二つをするだけで雑菌やカビのが繁殖や水垢を防げます
・生ごみはすぐに捨てる
・シンクについた水分を拭き取る
この少しの手間をかけるだけで毎日清潔なキッチンを保てます。

4. お風呂は入浴後にササッとスポンジでこするだけ
お風呂は常に湿っぽいため換気は必須です。
お風呂から出た後、カビキラーなどの漂白剤をかけ数分後に流す。
これだけでお風呂場のヌルヌルが解消されます。

5. 洗面所のシンクは中性洗剤で洗い、排水口の汚れは塩素系漂白剤をかけ除菌しましょう。

どの箇所にも当てはまることなのですが、毎日の少しの手間が綺麗を作ります。
普段から意識してこまめな掃除を心がけていきたいですね。

日々仕事に終われ掃除がなかなか出来ない方や引越し後の売却物件が空き家になっていて汚れている等でお困りでしたら弊社、不用品回収セブン新潟までご相談下さい。

不用品回収後のハウスクリーニングも承っておりますので是非、ご利用下さい。

皆様からのお問い合わせやご相談をお待ち申し上げております。

激安、迅速、丁寧!不用品回収セブン新潟のサービス一覧

  • 不用品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動