ミシンのメンテナンスは大事!高価買取を期待できるポイント

ダミー画像

こんにちは♪
いつもご利用いただきありがとうございます!新潟県で不用品回収を営んでいる、不用品回収セブン新潟です!

自宅で眠ったままになっているミシンはありませんか?
そんなミシンは、価値があるうちに買い取ってもらいましょう!ミシンを買取へ出すときは、メンテナンスしてから出すと高価買取を期待できます♪今回は、自分でできるミシンのメンテナンス方法をご紹介します。

■メンテナンスしておきたい部分とは
ミシンは精密機械なので、ほこりがたまると不具合が出やすいのが特徴です。中でも、特にメンテナンスしておきたい部分は、「下釜(ホビンを入れる部分)」です。下釜は、特にほこりや糸くずがたまりやすい部分なんです。下釜にほこりがあると上糸がほこりを引っ掛けてほこりと一緒に布を縫っていってしまったり、糸くずがあると上糸が糸くずに引っ掛かって縫えなくなったりします。
買取に出す前に、必ず確認しメンテナンスしておきましょう!

■自分できる!下釜のメンテナンス方法

●準備するもの
・ミシンのねじ回し(付属品)
・ミシンブラシ(付属品)
・綿棒

①始めに針上下スイッチを押して針を上げてから、ミシンの電源を切り電源プラグをコンセントから抜きましょう。電源が入ったままだと、ケガや感電の原因になります。

②ネジをとって、下のカバーを外します。そうすると、ホビンを入れる下釜が見えるはずです。

③下釜を外すと、その下にほこりや糸くずが溜まっているのがわかります。この部分を、ミシンブラシや綿棒を使って丁寧に掃除します。

■特に、自動糸切り装置が付いているミシンはメンテナンスが大切!
ミシンが自動で糸を切るには、針を動かす歯車の働きが重要です。この歯車の溝に糸くずやほこりがたまると歯車同士が噛み合わなくなり、歯車の動きが悪くなったり動かなくなったりします。
歯車自体は手が届かない部分に設置されていることが多いため直接手入れできませんが、下釜をこまめにメンテナンスすることで歯車にほこりや糸くずがたまるのを防ぐことができます。

「いつか買取に出そう」と保管しているミシンも、知らず知らずのうちにほこりがたまっているかもしれません。「ほとんど使っていないから、きれいなままだろう」とそのまま買取に出すのではなく、きちんとメンテナンスしておきましょう♪使わないでしまってあるミシンは、ほこりがたまらないようにカバーをかけておくといいでしょう。

ミシンを買取に出すとき、少しでもきれいな状態のほうが買取価格はアップします。本体の汚れを拭き取ったり、ほこりを落としたりするのはもちろん、下釜などの細かい部分のメンテナンスも忘れないようにしましょう。
ミシンなどの製品は年月が経つほどに劣化していき、価値が下がっていくものです。使っていないミシンが自宅にある方は、早めに買い取ってもらうことをおすすめします。新潟県でミシンの処分に困っている方や買取を検討している方は、新潟県で不用品回収を営んでいる、不用品回収セブン新潟にご相談ください。新潟県内であれば、自宅まで伺って買取査定します。ミシンの状態によって買い取れない場合は、そのまま回収することができます。

激安、迅速、丁寧!不用品回収セブン新潟のサービス一覧

  • 不用品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動