本日の買取品はアウトドア用品です!

ダミー画像

こんにちはは!いつもホームページをご覧頂きまことにありがとうございます!気がつけばもう8月ですね!暑いが続いておりますね(^_^;)でもあと5カ月もすれば雪もふる季節です!耐えしのぎながらこのシーズンを楽しみたいものですね!夏を楽しむといえば、アウトドア!キャンプ、レジャーですね!レジャーといえばパッと出でくるアイテム、、そうです!コールマン!もぉ御馴染みですね!しかしキャンプをする上で必ずお世話になるブランドではないのでしょうか?

今回の買取品の、紹介になります!新潟市北区のお客様のご自宅からお引き取りさせて頂きました

コールマンのアウトドア用品3点セットです!
ここでコールマンのおさらいですね!

コールマン(Coleman Company, Inc. )は、アメリカ合衆国のキャンプ用品製造・販売業者。1900年頃にウィリアム・コフィン・コールマンによってオクラホマ州で創業

ガソリン式ランプの優位性を感じたコールマンが1900年に前身となる販売会社「ハイドロカーボン・ライトカンパニー」を設立。このころ販売されていたランプは粗悪品が多く、消費者に悪評が広まっていたため販売は伸び悩んでいた。これを打開するために「1週間で1ドル」のリース形式に切り替えると売上高は伸びたものの、このリース代金には修理費も含まれていたため修理品が大量に持ち込まれるようになり、会社の負担も大きくなってしまった。 このためコールマンは耐久性とメンテナンス性を向上させたガソリンランプを自ら開発するようになり、1905年に自社製造のガソリンランプの販売を開始した。

当初はガソリン式ランプを専門に扱っていたが、電灯が普及するようになると屋外でも使えるガソリン式ランタンを開発し、1914年に「アークランタン」として販売を開始する。当初これは牛小屋・馬小屋などで使われた。これらの製品はアメリカ軍にも納入された。

第一次大戦後のモータリゼーションブームによってオートキャンプのスタイルが確立されると、この分野の将来性に目をつけたコールマンは1923年には燃焼器具を二つ並べた「キャンプストーブ」の販売を開始。非常に完成度の高いこのストーブは幾度かのモデルチェンジを経るものの、現在もほぼ同じものが「ツーバーナー」として販売されています

つまりランプが始まりだったわけですね!

アウトドアキャンプにはランプは不可欠ですね!まだまだキャンプシーズンですね!用具を揃えて楽しみたいですね!

シーズン物は査定額がつきやすいので是非お声かけ下さいませ!

激安、迅速、丁寧!不用品回収セブン新潟のサービス一覧

  • 不用品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動