NEC ノートパソコンを買い取りさせていただきました。

ダミー画像

こんにちは、不用品回収セブン新潟です。

まだまだ暑い日が続きますが皆様体調を崩してはいないでしょうか?

私は暑さに弱いので毎日水分を取りながら作業しております。

 

本日は燕市のお客様から買い取りさせていただいたNEC ノートパソコンのご紹介です。

今回は動作不良のノートパソコンでしたが、状態をお聞きすると十分修理可能なお品物でした。

マニュアルやWindowsのバックアップ、外箱までそろっていた為、高価買い取りさせていただきました。

画像の段階のノートパソコンは修理後動作確認をしている状態の物になります。

 

NECといいますと私が学生の頃には国内のパソコンはほぼNECで占められていた時代でした。

その頃のNECのパソコンといえば「PC-9800」シリーズで私やよりご年配の方にとっては懐かしい響きではないでしょうか。

 

せっかくなので簡単に「PC-9800」シリーズを概要だけでもご紹介させていただきます。

1982年10月に発売された16ビットパソコン「PC-9801」を初代機とするパソコン製品群である。それまでNECが発売していた8ビットパソコン・PC-8000シリーズ及びPC-8800シリーズの資産を継承し、高速化のために16ビットマイクロプロセッサを採用した。初代「PC-9801」は社団法人情報処理学会から、2008年度(第1回)「情報処理技術遺産」の一つに認定された[2][3]他、2016年9月6日には国立科学博物館の重要科学技術史資料(通称:未来技術遺産)の第00221号に日本で最も普及した16ビットパソコンであることを評価され、登録された[4][5]。

各社専用にカスタマイズされたマイクロソフトのMicrosoft BASICをベースにした時代の終盤から、MS-DOS時代を経て、Microsoft Windowsの本格的な普及期まで約15年間(初代「PC-9801」発売の1982年から、後継アーキテクチャのPC98-NXシリーズが発売される1997年頃まで)にわたって、NECのパソコンの主力商品として製造販売が続けられ、全盛期には日本国内における市場占有率90%以上を獲得した[6][7]。

本項では派生機種のPC-H98シリーズおよびPC-9821シリーズについても軽く触れる。当時のNECのカタログでは、それらの派生機種のうち、パーソナルコンピュータに分類される各機種については、「NECパーソナルコンピュータPC-9800シリーズ」と記載されており、派生機種のシリーズ区分はなされず、「HYPER 98」「98MATE」「98FELLOW」等といった愛称で区分が図られていた。

 

パソコン、家電製品は特に高価買い取りが期待できます、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

激安、迅速、丁寧!不用品回収セブン新潟のサービス一覧

  • 不用品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動